自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 債務整理ニュース> 法定金利の最大61倍で金を貸し付けていた疑い ヤミ金業者摘発

債務整理ニュース


法定金利の最大61倍で金を貸し付けていた疑い ヤミ金業者摘発
2016年07月15日(金)
ニュース記事
「お金借りませんか」と170人に電話して、高利貸をしていた疑いで、ヤミ金業者が警視庁に摘発された。
解説
N容疑者(35)と、K容疑者(36)は、東京・葛飾区の男性など4人に、最大で法定金利の61倍で、金を貸し付けていた疑いが持たれている。
2人は、債務者名簿をもとに、全国およそ170人に電話をかけ、「お金借りませんか」と勧誘して、返済金として、およそ3,400万円を受け取っていたとみられる。
また、金の振込先には、他人名義のおよそ10の口座を使用して、違法営業の発覚を免れる工作をしていたという。
一覧に戻る

▲ページの上へ戻る