自己破産・個人債務再生・任意整理・特定調停 について分かりにくいことを詳しく解説。法律事務所や司法書士事務所の紹介。 ご利用ガイド サイトマップ お問い合わせ
自己破産・債務整理ガイド
一括相談
自己破産・債務整理ガイドHOME > 債務整理ニュース> 衣料品販売装いヤミ金経営 容疑の男女逮捕 警視庁

債務整理ニュース


衣料品販売装いヤミ金経営 容疑の男女逮捕 警視庁
2016年03月14日(月)
ニュース記事
衣料品売買を装ったヤミ金業を営んだとして、警視庁生活経済課は出資法違反容疑で、さいたま市大宮区桜木町の無職、M容疑者(76)と、中国籍で東京都台東区小島の自営業、O容疑者(46)を逮捕した。同課によると、2人とも容疑を認めている。

 
解説
同課によると、2人は東京・上野の雑居ビル内で、カバンや洋服の販売業と買い取り業を装った店舗をそれぞれ設置。商品の販売名目でカード決済を行った後、買い取り名目でその場で貸付金を顧客に渡していた。貸付金の回収が確実にできることからカード決済を利用したとみられる。平成18〜27年で、約2億1千万円の利益を得ていたとみられる。
 逮捕容疑は昨年1〜6月、横浜市の建設作業員の男性(60)ら7人に金を貸し、違法な利益計約43万を受け取ったとしている。
一覧に戻る

▲ページの上へ戻る